MENU

ご挨拶

邦友会会員の皆さまにはお元気でお過ごしのことお慶び申し上げます。

平素は邦友会活動にご理解とご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

駒場東邦は平成29年に創立60周年を迎えました。卒業生は累計14,700名ほどのまだ歴史は浅い学校ですが、着実に良い学校になっておりますことは喜ばしい限りでございます。建学の精神である「資源のない日本では頭脳の資源化が急務である」という初代校長、菊地龍道先生の提唱に導かれて、多くの資源化された頭脳が誕生しており、大変嬉しく思っております。

同窓会の役割とは、母校への支援を通じて母校の発展に協力し、会員相互の絆を深めるとともに親睦・交流を図ることであると理解しております。そして卒業生と在校生が日本にとっても世界にとっても、有為な人間になるように支援することだと思います。

東京オリンピック・パラリンピックが開かれる年に邦友会は設立60年を迎えます。役員一同団結して邦友会活動を更に充実させて、母校にとって頼もしい支援者であるように活動していく所存でございますので、会員の皆さまの暖かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

邦友会会長 杉浦滋彦