ご挨拶

2019年に発生した新型コロナウィルスにより全世界が不自由な生活を強いられておりますが、邦友会員の皆さまにはお元気でお過ごしのことと思います。

2020東京オリンピック・パラリンピックは一年延期となりました。邦友会も昨年は発足60周年でございましたが、祝賀会はじめ企画していたイベントは延期せざるを得ず、未だに今年に実行できるかどうか判断しかねる事態です。そんな中で「邦友プロムナード49号・50号」の60周年記念号を発行できましたことはとても良かったと思っております。49号は全回生に見開き2ページに執筆していただき、50号は各職場の邦友会、地域の邦友会と部活の各クラブに書いていただきました。この両号で駒場東邦の縦と横の活動が網羅されたのではないかと思っております。邦友会員の交流の一助になれば嬉しく思います。

駒場東邦は昨年は卒業式も入学式も来賓と保護者の出席は無しで、先生方と生徒だけのこじんまりとした式になってしまいました。今年は卒業式は昨年と同じ形態でしたが、入学式は何とか来賓の祝辞をということで、密にならないように二回に分けて、PTA会長と邦友会長だけが列席して祝辞を述べるという形になりました。例年のように東邦大学理事長のご祝辞も法人の幹部のご列席もなく、生徒さんには本当にお気の毒に思います。

邦友会は如何に学校を援助していくかを考えておりますが、このコロナ禍で学校も困っているのではないかと思い100万円を寄付致しました。この寄付金を中学入試の時のアクリル・パーテーション代に充てていただき学校に大変感謝されました。

昨年、今年は同期会、地域の会合、職場の会合、部活OB会の開催も控えなければならず、会員同士の親睦会は開けない状況です。邦友会総会も昨年に引き続きHP上でのご報告になってしまいましたが、現在の状況ではやむを得ず申し訳なく思っております。来年は会員同士の会が開けるようになって欲しいと思っております。未だコロナウィルスが治まりませんが、会員の皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

邦友会会長 杉浦滋彦